【共働き向け】子育ての心得!夫婦で仕事も育児も両立させる!

共働きで時間に余裕のない毎日。それでも子育ての手は抜きたくない。

夫婦で助け合いながら、育児も仕事もがんばりたい。
片方だけの収入ではきびしいという現実から、共働きを選ぶ夫婦が増えています。
収入は安定するかもしれません。
しかし仕事に家事に追われる毎日で、お子さんときちんと向き合えていませんよね。
わが家は、[birth day=”20130309″]才、[birth day=”20140918″]才の2人の娘を育てながら夫婦でフルタイムで働いています。この記事では共働きでも子育てを行なっていくためのコツ、また夫婦で助け合う方法についてお伝えします。

共働き夫婦の子育ての心得

共働き 子育て

●子供は必ず病気になる

これは世のパパママすべて、前提として知っててください。どんなに気をつけても、子供は病気になります。
特に復職したばかりの時期。
子供も初めて保育園や幼稚園に通いはじめます。
初めての外の世界。
いきなり知らない世界に放り出され、親の想像以上に心に負担がかかってます。また、社会とつながることにより感染症にかかるリスクもアップ。
病気になって当たり前。
職場では経験者である先輩パパママが多く、困ったとき助けてくれるかもしれません。
あとは、事前に地域の病児保育を調べましょう。病児保育とは病気になった子供を、病院などの施設が預かってくれるところになります。
医療のエキスパートが大事な子供を見てくれるので、安心して働けます。

●料理に時間をかけない

毎日子供のために、料理に時間をかけていませんか?
  • 栄養あるものを食べさせたい。
  • 親の手料理が子供への愛情表現だ。
確かに、その考えは間違いではないと思います。けれど、料理に時間をかけたぶん、食べる時間がおしてませんか?
子供は食べるのが、基本遅いです。時間がないなか、イライラしながら食事の時間を過ごすのは子供にとってどうでしょう?
お野菜は切らなくてOK。カット野菜を使いましょう
味付けは市販のタレで充分美味しいです。
お惣菜を買ってもいいんです。お皿に盛り付けたらご馳走です
今は栄養たっぷりの宅配サービスもいっぱいあります
この他にも、家事時間を減らす記事まとめてます⇒共働き家族よ家事時間を減らそう。時短術と4つの最強時短家電
また、時短料理に最適な、ホットプレートのレビューもまとめてます⇒共働きの最強時短家電。デイリーホットプレートに我が家は救われた・・!

●まとまった掃除は親が休日、子供が保育園の日

保育園は基本土曜も開いてます。日曜も申請すれば預かってくれることもあります。子供が家に居ると、片付けても片付けても追いつきません。ならまとまった掃除は休日、子供が保育園にいる間にしましょう。
「え、休みなのに保育園に預けていいの?」
これは、保育園の考え方によります。
ですが、保育園もだいたいこちらの事情などを理解してくれてます。
子供が保育園を嫌がらないならお昼代も給食費に含まれてますし、家もキレイになるのでいいことづくしですよ。
ぶっちゃけますとわたしはたまに体力ないとき、子供を保育園に預けゆっくり静養もしてますよ。

●子供はきちんとわかってます

はじめて保育園に娘を預けたとき、やはり娘は泣きました。
「ママ行かないで」
私も罪悪感を感じながら、職場へ向かいました。子供たちのために働くのに子供たちに負担をかけているというジレンマに悩んだ日々。
ですが、今は優しい先生やお友達のおかげで楽しそうに保育園に行っています。
ある日娘が言ってくれました。
「パパママ、いつも私たちのためにお仕事してくれてありがとう」
この言葉で私はもっと頑張れます。
子供たちも頑張ってる!
家族みんなで頑張ろう!

夫婦で仕事と子育て乗り越える

共働き、片方だけが家事育児をするのはどう考えたっておかしいですよね。
これからは分担。夫婦できちんと乗り越える。
そうしないと生活出来ません。
ここでは夫婦で乗り越えるコツについてまとめています。

●夫婦で役割を決める

まずは夫婦で役割を決めましょう
朝ごはんの準備 ママ
朝の食器洗い パパ
洗濯物を干す パパ
洗濯物を畳む ママ
お風呂掃除 パパ
保育園へ連れていく パパ
保育園のお迎え ママ
etc、、
こうやって細分化して各々の役割を決めてください。それぞれ役割があると、案外きちんとこなします。「みえない家事」もきちんと決めてください。
状況に応じて、出来ない日もあると思うので代わりにやってあげると相手からの信頼アップ。

●お互い、自由な時間をあたえる

夫婦といっても、元は他人です。それぞれやりたい事や1人になりたいこともあります。
たまにはパパが子供たちを連れ出して、ママに休憩させる。
またある日には、ママが子供たちの面倒を見てる間にパパは趣味のゴルフへ
やりたいことが出来ず、イライラしてると子供にきつくあたってしまう可能性もあります。
助け合いながらストレスを軽くして、ニコニコ笑顔で子供たちと過ごしましょう。

●お互いを認め合う

パパにはパパの。ママにはママの悩みが多くあります。
子育ての負担が、自分ばかりにあると感じたならちゃんと話し合ってください。最悪喧嘩してもかまいません。そうやって、お互いの考えをぶつけてください。
子育てに対する考え方の違いも、必ず出てくるとおもいます。相手を否定するのではなく、少しずつお互いが納得いくようすり合わせてください。
お互いの頑張りを認め合いましょう。
そうやって、家族は育っていきます。
※喧嘩して、それでもダメなら距離をおいてもいいと思います。考えの違う人間と一緒に住むことは人生において本当にもったいない。子供たちのことを最優先に考えて、新しい生活を検討しましょう。

共働きよ、時間に投資しよう

どれだけ工夫しても、やっぱり家事が追い付かないことはあると思います。そんな時は思い切って家事を手伝ってくれるサービスに頼むのもいいかもしれません。
共働きの家庭が増えたことにより、たくさんのサービスができています。
お金を払って人に家事をやってもらい、その時間で子供たちと遊んだり、自分の時間にあててください。

忙しい独身の方や共働き世帯、ご高齢の方にも喜ばれる食事宅配サービス


この他色々おすすめな家事代行ありますよ!時間をお金で買いましょう!

まとめ

共働きなら、助け合い。家事分担で家族で協力して生活しよう

子供は必ず病気になります。しっかり備えて周囲へサポートをお願いしましょう

かけがえのない時間。家事代行に頼ってもいいんです

共働きだって家族楽しく暮らしたいですよね
スポンサー
共働き 子育て
最新情報をチェックしよう!